2015年03月14日

京の天気予想と暦 3月14日(土)

20150314京都朝空.JPG京の天気予想と暦 3月14日(金)
 3月14日(土) 京都南部の天気 
 西の風 後 北の風 雨 昼過ぎ から くもり 後 晴れ。
 気圧の谷や寒気の影響で、雨や雪が降る見込み。
 午後は高気圧に覆われて次第に晴れる。

 左向き三角1午前8時の空の様子

今日という日
西暦2015年03月14日
平成27年03月14日 弥生
旧暦 2015年01月24日
月齢(19時30分時) 23.45 有明月

二十四節気七十二候
啓蟄(3月 6日〜 3月20日)
 冬篭りの虫声を啓く(大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ)
次候 桃始笑(ももはじめてさく)(3月11日〜 3月15日)
 桃の花が咲き始める。季節は仲春。

今日の京都南部の天気
雨が降っているが、午後から天気は回復してきそうである。そして、今日の雨を境に本格的な春到来。
更に、春と一緒にやってくるのが、花粉や黄砂である。洗濯物にも注意を払わねばならぬ季節となってきた。

東本願寺夕空.JPG▲写真は昨日の東本願寺修復現場と夕空。東本願寺御影堂などの修復工事は年内で完了予定だそうだ。
宇治の平等院なども創建当時の美しさを再現されたが、新品同様となり賛否両論。
こちらはどの様になるのか楽しみである。



posted by Katchan at 11:15 | 京都 ☔ | 京の天気と暦 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。