2015年03月16日

京の天気予想と暦 3月16日(月)

20150316京都朝空.JPG 3月16日(月) 京都南部の天気 
 北東の風 後 北の風 くもり 所により 夕方 から 夜のはじめ頃 雨。
 西日本の南海上に停滞する前線や気圧の谷の影響で、雲が広がり、
 南部では雨の降るところがある。


 左向き三角1午前8時の空の様子

今日という日
西暦2015年03月16日
平成27年03月16日 弥生
旧暦 2015年01月26日
月齢(19時30分時) 25.45 二十六夜月

二十四節気七十二候
啓蟄(3月 6日〜 3月20日)
 冬篭りの虫声を啓く(大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ)
末候 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)(3月16日〜 3月20日)
 青虫が羽化して紋白蝶になる。季節は仲春。

今日の京都南部の天気
ようやく春の暖かさ到来となりそうだ。日差しは控えめながら日中は昨日より4℃近く上がるという。
最高気温は17℃と4月並み。花粉の飛散のピークとなっている。花粉対策は万全で出かけるのが良さそうだ。

廃レコード店.JPG▲東本願寺近くの廃屋となったレコード店再び。看板がどうも気になって・・・
路地側の看板には消えかけてはいるものの、ビクターとコロンビアのレーベルが確認できた。蓄音器とある。



posted by Katchan at 10:23 | 京都 🌁 | 京の天気と暦 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。