2014年11月21日

久しぶりの京都東寺 弘法さんの縁日

京都東寺弘法さん.JPG

本日も、良い天気であった。
21日、思い至って東寺 弘法さんの縁日に行ってみた。

弘法さんの縁日は随分と久しぶりである。

まだ、自由に自分の金が使えた頃は頻繁に通ったものである。
現在は漫歩故、財布は持たぬ。
賽銭程度に持参はしたが、賽銭だけで事足りた。

物欲が枯れてきたとは年寄りの証拠とよく言われるが、
年はとるもの、今まで物に埋もれて見えなかった、
御影堂(国宝)やら、五重塔(国宝)やら、金堂(国宝)の薬師如来(重要文化財)やらが、
ありがたく見えてくるから不思議なものだ。

因みに、東寺(世界遺産)は、日本初の国立密教寺院である。

弘法大師空海が伝えたかった密教世界が、1200年の年月を経てもここにあり、
煩悩にまみれた私が同じ景色を見ている。これは凄いことではなかろうか。

それにしても、平日の割に人出は多め。
12月の終い弘法前に年内のお参りを済ませておこうという算段か。
かく言う私もそのくちではあったのだが。

本日の京都漫歩は、東寺 弘法さんの縁日。

明日22日の天気予報は、北の風 日中 南の風 曇り 昼前から晴れ ある。


posted by Katchan at 22:55 | 京都 | 京都−寺・神社・史跡など | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。