2015年03月06日

京の天気予想と暦 3月06日(金)

20150306京都朝空.JPG 3月06日(金) 京都南部の天気 
 北西の風 後 北の風 晴れ 夕方 から くもり。
 はじめは晴れるが、夕方から雲が広がる見込み。



 左向き三角1午前8時の空の様子

今日という日
西暦2015年03月06日
平成27年03月06日 弥生
旧暦 2015年01月16日
月齢(19時30分時) 15.45 十六夜月

二十四節気七十二候
啓蟄(3月 6日〜 3月20日)
 冬篭りの虫声を啓く(大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ)
初候 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)(3月 6日〜 3月10日)
 冬ごもりの虫が出てくる。季節は仲春。

今日の京都南部の天気
良い天気であるが、すっきりと晴れることはないようだ。夕方からは雲が広がって来るという。
昨日と比べると今日は暖かく感じる日となりそうだ。
今日から「啓蟄」であるが、気温はこれからもアップダウンが激しいようだ。

京都御苑寺町御門朝日.JPG▲今朝の京都御所 寺町御門から上がる朝日。散歩にはちょっと早かったかと思ったが、いい空を見ることが出来た。



posted by Katchan at 11:09 | 京都 ☁ | 京の天気と暦 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。