2015年03月10日

京の天気予想と暦 3月10日(火)

20150310京都朝空.JPG 3月10日(火) 京都南部の天気 
 西の風 やや強く くもり 時々 雪 所により 雷 を伴う。
 強い冬型の気圧配置となるため雲が広がり、雪や雨が降り、雷を伴うところがある。



 左向き三角1午前8時の空の様子

今日という日
西暦2015年03月10日
平成27年03月10日 弥生
旧暦 2015年01月20日
月齢(19時30分時) 19.45 更待月

二十四節気七十二候
啓蟄(3月 6日〜 3月20日)
 冬篭りの虫声を啓く(大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ)
初候 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)(3月 6日〜 3月10日)
 冬ごもりの虫が出てくる。季節は仲春。

今日の京都南部の天気
真冬並みの低気圧が北上している。冷たい風と時たま雪がちらつく荒れた天気となりそうだ。
これから出かける方は防寒防風対策を万全に。

仙洞御所朝空.JPG▲今朝の京都御苑 仙洞御所の門越しの如意ヶ嶽と朝の空。啓蟄とは言えまだ寒い朝。雲が多く、お日様の顔は見られず。



posted by Katchan at 10:54 | 京都 ☀ | 京の天気と暦 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。