2015年03月18日

京の天気予想と暦 3月18日(水)

20150318京都朝空.JPG 3月18日(水) 京都南部の天気 
 東の風 くもり 夕方 から 雨。
 気圧の谷や前線の影響で雲が広がり、夕方からは雨が降る。



 左向き三角1午前8時の空の様子

今日という日
西暦2015年03月18日
平成27年03月18日 弥生
旧暦 2015年01月28日
月齢(19時30分時) 27.45 有明月

二十四節気七十二候
啓蟄(3月 6日〜 3月20日)
 冬篭りの虫声を啓く(大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ)
末候 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)(3月16日〜 3月20日)
 青虫が羽化して紋白蝶になる。季節は仲春。

今日の京都南部の天気
京都今は晴れているが、午後からは低気圧におおわれ、雨が降り出しそうだ。
気温は4月下旬並みまで上がる。花粉も非常に多い。七十二候は菜虫化蝶(なむしちょうとなる)となった。
季節は一気に春爛漫。急激な変化に体調管理も万全で望みたい。

下御霊神社梅.JPG▲今朝久々に朝散歩で、下御霊神社まで行ってきた。京都は何処も梅が満開を迎えている。



posted by Katchan at 10:31 | 京都 ☁ | 京の天気と暦 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。