2015年03月19日

京の天気予想と暦 3月19日(木)

20150319京都朝空.JPG 3月19日(木) 京都南部の天気 
 北西の風 雨 朝晩 くもり 所により 夕方 まで 雷 を伴う。
 前線が山陰沖から南下するため雲が広がり、夕方にかけて雨や雷雨となる見込み。



 左向き三角1午前8時の空の様子

今日という日
西暦2015年03月19日
平成27年03月19日 弥生
旧暦 2015年01月29日
月齢(19時30分時) 28.45 暁月

二十四節気七十二候
啓蟄(3月 6日〜 3月20日)
 冬篭りの虫声を啓く(大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ)
末候 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)(3月16日〜 3月20日)
 青虫が羽化して紋白蝶になる。季節は仲春。

今日の京都南部の天気
京都は昨日の晩から雨が降り続いている。今日も一日雨になりそうだ。
暑さ寒さも彼岸までと言うとおり、温かい日が続いておる。梅も満開となり、桃や桜もつぼみが膨らんできておるな。
だが、来週は寒が一端戻るようだ。3月上旬並みの寒さになると言うから、服装選びには注意を払わねばならん。

菅原天満宮梅源平咲き.JPG▲写真は菅原院天満宮神社 源平咲きの梅が満開で見頃となっている。
規模に関係なく梅は天満宮が気分が出る^^・・・私だけかな?
菅原院天満宮神社は菅原道真とその父是善、祖父清公を祀り、親子三代の邸宅、道真公生誕の地と伝えられる。



posted by Katchan at 09:20 | 京都 ☔ | 京の天気と暦 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。