2014年12月04日

京都イルミネーション 平安女学院とアグネス教会

京都平安女学院イルミネーション.JPG                                           
先月25日くらいからアドベントなクリスマスイルミネーションが
京都の各地で点灯しておる。

何度かご紹介した?が、
平安女学院のイルミネーションは、毎年きらびやかに室町通りを飾ってくれておる。
今年はペットボトルのツリーにメッセージが書き込まれておった。

平安女学院ツリーメッセージ.JPG         
若い娘御たちが、心を込めて一生懸命制作しておるのを
見かけたりもしておっただけに、なんとも嬉しい気分になるな。

変なダルマがにやけておったら私だ。通報などしないようにお願いしたい。

その礼拝堂である、アグネス教会もまた、かわいらしいイルミネーションが灯っておった。

京都アグネス教会イルミネーション.JPG            
下立売り通りに面して飾ってあるので、烏丸通りからでも見落とし気味。
アグネス教会の前を通るときはチョロッと西を覗いてみてほしい。

欲を言えば、室町通りを丸太町から北上。
室町教会のヒマラヤスギのクリスマスツリーから平安女学院のイルミネーションを堪能し、
下立ち売りを東に曲がりアグネス教会の漫歩コースを見てもらいたい。

これくらいなら、寒いだの何だのと言う輩も喜んで付き合うのではないかの。

本日の京都漫歩は、平安女学院辺り。

明日5日、京都南部の天気予報は、西の風 晴れ 朝晩 曇り とある。



posted by Katchan at 22:20 | 京都 ☁ | 京都でイベント | 更新情報をチェックする
2014年11月25日

もう幾つ寝るとクリスマス 平安女学院イルミネーション

京都平安女学院イルミネーション.JPG      
今日の京都は朝から雨であったが、夕方から止んでくれた。

この間から気になっておった
平安女学院のクリスマス イルミネーションを見に行ってみた。

信心こそないが、年末の楽しみの一つではある。
クリスマスの1ヶ月前には灯っておるが、楽しみな一面、
これを見ると年末感がドッと襲ってくるので、ちとかなわん。

アドベントカレンダーではないが、カウントダウンされているような気がする。

本年やり残したことはないであろうか、
沢山ありすぎて、またしても年送りとなりそうなものばかりである。

友人との約束はいかがであったろう。
忘れておったテヘペロで、許してもらえることであったろうか。

いろいろと忘却の彼方である。

本日の京都漫歩は、平安女学院 クリスマスイルミネーション。

明日26日、京都南部の天気予報は 北の風後北西の風 曇り 朝晩 雨 とある。
posted by Katchan at 21:21 | 京都 ☀ | 京都でイベント | 更新情報をチェックする
2014年11月13日

京都国立博物館「京へのいざない」、眼福であった

京都国立博物館待ち時間.JPG
やっとこさ、平成知新館オープン記念展「京へのいざない」へ行ってまいった。
朝一番で出かけ、チャリで東山七条へ。駐輪場が気になったが、ちゃんとありました。

平日でも注目の記念展と言うことで人出は覚悟しておったのだが、
案外とゆるりと鑑賞できた。が、膨大な数のお宝に1日ががりとなってしまった。

やはり、見所は1階の「仏像コーナー」であったのだが、番外的に2階から見下ろす仏像にちょっと感動。
仏様を見下ろすなど、ちょっとこの先無いんじゃ無かろうか。眼福眼福ハート

時間が許せば、明治古都館で開催されている「国宝鳥獣戯画と高山寺展」も観てみるか
と思っておったが、
体力、気力そして時間切れでカラータイマイマーが鳴っておったわ。

それにしても、鳥獣戯画の人気は凄かった。
TVで何度も特集が組まれていたこともあるのであろうが、朝一番で既に待ち時間が3時間!!

平日の待ち時間が3時間は、私の許容範囲を宇宙的に超えておる。
夕方になり、帰り際に見てみたが列は変わらずであった。

鳥獣戯画は11月24日(月)まで開催されておる。
どうしても本物が見てみたくなったら、再チャレンジも良いかもしれぬ。

「国宝鳥獣戯画と高山寺展」の図録をちゃっかりと購入。
かわいいミニ本に釣られてしまったが、なかなかに良い図録であった。

本日の京都漫歩は、京都国立博物館、平成知新館オープン記念展「京へのいざない」まで。

明日14日京都南部の天気予報は西の風 晴れ 時々曇りとある。

posted by Katchan at 23:50 | 京都 ☀ | 京都でイベント | 更新情報をチェックする
2014年10月28日

2014年版 時代祭 写真のまとめ

2014年度版 時代祭 以前の記事で使った写真以外の写真とまとめ。

建礼門前.JPG 
 
 建礼門の前に幕が張られた。
 いよいよ、2014年度 時代祭の始まりだ。

 時代祭の準備風景はこちらの記事でも 動画あり







維新勤王隊1.JPG維新勤王隊2.JPG
 ▲明治維新時代 維新勤王隊 

徳川城使上洛列.JPG江戸時代夫人列禿.JPG
 ▲江戸時代 徳川城使上洛列                   ▲江戸時代夫人列 吉野太夫の禿

 ▼江戸時代夫人列 出雲阿国と弟子
江戸時代婦人列出雲阿国.JPG
 2014年の時代祭では時代装束がいくつか新調されている。
 出雲阿国の装束も
 以前は出雲大社の巫女の旅姿であったものが、
 歌舞伎踊りでの舞台衣装に。
 本物志向の時代行列となっているそうだ。
 
 明治維新から江戸時代の記事と動画はこちらでも





安土桃山時代豊公参朝列.JPG
 左向き三角1安土桃山時代 豊公参朝列

 豊公参朝列の記事と動画はこちらで。牛車も。









室町洛中風俗列側踊り.JPG 
 左向き三角1室町時代 室町洛中風俗列

 室町洛中風俗列では
 風流傘を中心に風流踊りが披露される。
 江戸時代以降の盆踊りの原型とも言われている。

 写真は風流傘と側踊り列。





 ▼吉野時代 楠公上洛列
吉野時代楠公上洛列4.JPG吉野時代楠公上洛列7.JPG












 ▼吉野時代 楠公上洛列
吉野時代楠公上洛列2.JPG吉野時代楠公上洛列1.JPG












 ▼吉野時代 中世夫人列 桂女
中世婦人列桂女.JPG
 吉野時代に入って、武者があまりに格好良く、
 写真撮りまくりであった。
 場所を大宮御所の手前まで移動。
 行列は出待ちで更に緩い感じとなっている。








 ▼鎌倉時代城南流流鏑馬列 童            
城南流流鏑馬列.JPG鎌倉時代城南流流鏑馬列.JPG






  
 時代祭には沢山の人が参加しているが、
 子供もしっかりと頑張っている。
 中には3代一緒に参加している家族もあるという。
 
 良く良く考えれば、
 小さな子供を単独で行列に参加させることは
 無理がありそうだ。
 
 父母爺婆などにひかれて参加と考えるのが常識的か。

 何はともあれ子供の愛らしさには参ったである。

 吉野時代から鎌倉、藤原、延暦寺代の記事と動画はここから


 ▼藤原時代 藤原公卿参朝列                     ▼巴御前
藤原時代.JPG平安時代婦人列巴御前.JPG












 ▼延暦時代 延暦文官参朝列                     ▼弓箭組列
延暦文官参朝列.JPG神幸列弓箭組列.JPG

抜けている列の写真や動画が多々あるが、これにて2014年度 時代祭りは終了とする。
意識せなんだが、吉野時代の写真が思った以上に多く、我ながら驚いた。
鎧甲の武者はやはり格好いい。

随分と長くなってしまったが、ご覧頂きありがとうございました。

posted by Katchan at 11:13 | 京都 ☀ | 京都でイベント | 更新情報をチェックする
2014年10月23日

2104年度版 時代祭4 楠木正成は格好良かった

時代祭楠木公.JPG

曇天の雲をバックに出陣の時を待つ武将。
と言う感じが出てはいまいか。

楠木公上洛列で動画ではちょうど切れてしまっている。
なんともいい所が切れてしまい申し訳ない。

この後大宮御所方面へ移動。
京都御所での、時代祭の列も終わりの方になると、
雨も降り出し、待ちくたびれ感満載の感じとなっていく。

動画「2104年度版 時代祭4」は
吉野時代楠公上洛列の途中から鎌倉時代、藤原時代、延暦時代。

時代祭京都御所版の動画はこれにてしまいである。
この素人撮りを最後までご覧頂いた方々には感謝。



本日の京都漫歩は時代祭のまとめ。
posted by Katchan at 17:13 | 京都 ☀ | 京都でイベント | 更新情報をチェックする

2104年度版 時代祭3 時代装束の子供がかわいすぎる

時代祭室町洛中風俗列.JPG

時代祭の動画3の方で室町洛中風俗列のところが抜けてしまっていた。
で、何をしていたかと言うと、
このかわいらしい時代装束、鞨鼓童の写真を撮ったりしていたわけだ。

時代祭の面白みは、時代装束を鑑賞することにあるのだが、
時代ごとに衣装は変われど子供の愛らしさに変わりは無いな。

この後、同じ場所でじっとカメラを構えていることに痺れ、移動してしまう。
まぁ、これも素人のご愛敬である。

有料観覧席で無いため、ゆるゆるの雰囲気なのはお許し頂きたい。
その代わりこんな写真も撮れるわけだ。

時代祭とは京都3代祭りの1つ。
春の「葵祭」、夏の「祇園祭」、秋の「時代祭」で年内最後の大きな祭りである。

「時代祭」は「葵祭」「祇園祭」と比べると歴史はさほど古くはない。
平安神宮の創建と平安遷都1100年を祝して、明治時代に始められた祭りだ。

そして、10月22日は桓武天皇が長岡京から平安京に都を移した日なのだそうだ。

動画「2014年度版 時代祭3」は
安土桃山時代「織田公上洛列」の途中から吉野時代「楠公上洛列」の途中まで。



本日の京都漫歩は時代祭のまとめ。

posted by Katchan at 16:14 | 京都 ☀ | 京都でイベント | 更新情報をチェックする
2014年10月22日

2104年度版 時代祭2 豊公参朝列の牛車も通る

時代祭牛車.JPG

時代祭の見所は色々あるのであろうが、
豊公参朝列の牛車がやはり人気のようだ。

京都御所建礼門の正面を通る写真などが良く見られるな。
時代祭の写真の定番中の定番かもしれぬ。

時代祭豊公参朝列の牛車は、葵祭の華々しい牛車とは違い、
武家らしい質実感が良い味を出しておるような気がする。
とりあえずは、こどもが牛の両側で手綱を引いているのが愛らしい。

時代祭2014年度版牛車の動画はこちらで↓



本日の京都漫歩は京都御所で時代祭。

posted by Katchan at 23:54 | 京都 ☁ | 京都でイベント | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。