2015年03月10日

京の天気予想と暦 3月10日(火)

20150310京都朝空.JPG 3月10日(火) 京都南部の天気 
 西の風 やや強く くもり 時々 雪 所により 雷 を伴う。
 強い冬型の気圧配置となるため雲が広がり、雪や雨が降り、雷を伴うところがある。



 左向き三角1午前8時の空の様子

今日という日
西暦2015年03月10日
平成27年03月10日 弥生
旧暦 2015年01月20日
月齢(19時30分時) 19.45 更待月

二十四節気七十二候
啓蟄(3月 6日〜 3月20日)
 冬篭りの虫声を啓く(大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ)
初候 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)(3月 6日〜 3月10日)
 冬ごもりの虫が出てくる。季節は仲春。

今日の京都南部の天気
真冬並みの低気圧が北上している。冷たい風と時たま雪がちらつく荒れた天気となりそうだ。
これから出かける方は防寒防風対策を万全に。

仙洞御所朝空.JPG▲今朝の京都御苑 仙洞御所の門越しの如意ヶ嶽と朝の空。啓蟄とは言えまだ寒い朝。雲が多く、お日様の顔は見られず。



posted by Katchan at 10:54 | 京都 ☀ | 京の天気と暦 | 更新情報をチェックする
2015年03月09日

京の天気予想と暦 3月09日(月)

20150309京都朝空.JPG 3月09日(月) 京都南部の天気 
 東の風 後 西の風 雨 所により 夕方 から 雷 を伴う。
 低気圧が西日本の南岸を通過するため雨が降り、夕方からは雷を伴うところがある。



 左向き三角1午前8時の空の様子

今日という日
西暦2015年03月09日
平成27年03月09日 弥生
旧暦 2015年01月19日
月齢(19時30分時) 18.45 寝待月

二十四節気七十二候
啓蟄(3月 6日〜 3月20日)
 冬篭りの虫声を啓く(大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ)
初候 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)(3月 6日〜 3月10日)
 冬ごもりの虫が出てくる。季節は仲春。

今日の京都南部の天気
雨が降り出している。京都市全域にも雷注意報も出ている。夕方にかけて突風など荒れそうだ。
「春に三日の晴れなし」と言われるが、おっしゃるとおりの天気模様である。
七十二候は蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)となった。
震えるほどの寒さは去り、屋外へと気持ちははやるが、暇ダルマの戸は雨には重いようだ。

菅大臣天満宮鳥居梅.JPG▲昨日は陽気につられて、菅大臣天満宮に梅を見に行ってみた。先日行った時から一気に見頃。
菅大臣天満宮の詳細はここから
菅原道真公の紅・白梅殿という邸宅や、菅家廊下(かんけろうか)と称する学問所の跡である。
「東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」と
菅原道真が太宰府に左遷される時に歌を詠んだ「飛梅の地」と伝えられている。
もちろん梅は太宰府へ飛んで行ってしまったので、当地にはないのであるが^^; しだれ梅が見頃である。

posted by Katchan at 14:48 | 京都 ☔ | 京の天気と暦 | 更新情報をチェックする
2015年03月08日

京の天気予想と暦 3月08日(日)

20150308京都朝空.JPG 3月08日(日) 京都南部の天気 
 北の風 晴れ 朝晩 くもり。
 高気圧に覆われて概ね晴れるが、
 朝晩は気圧の谷や寒気の影響で雲が広がりやすい。


 左向き三角1午前8時の空の様子

今日という日
西暦2015年03月08日
平成27年03月08日 弥生
旧暦 2015年01月18日
月齢(19時30分時) 17.45 居待月

二十四節気七十二候
啓蟄(3月 6日〜 3月20日)
 冬篭りの虫声を啓く(大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ)
初候 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)(3月 6日〜 3月10日)
 冬ごもりの虫が出てくる。季節は仲春。

今日の京都南部の天気
暖かめか?お出かけ日和となりそうであるが、傘の準備もしておった方が良さそうだ。

歌舞練場.JPG▲鴨川から歌舞練場。5月には華やかな鴨川をどりが催される。祇園界隈は暇ダルマには無縁ながら、春爛漫の雰囲気は嫌いではない。昨日の漫歩 3月7日撮影

posted by Katchan at 10:50 | 京都 ☁ | 京の天気と暦 | 更新情報をチェックする
2015年03月07日

京の天気予想と暦 3月07日(土)

20150307京都朝空.JPG 3月07日(土) 京都南部の天気 
 北の風 雨 時々 くもり。
 気圧の谷の影響で雨が降る。



 左向き三角1午前8時の空の様子

今日という日
西暦2015年03月07日
平成27年03月07日 弥生
旧暦 2015年01月17日
月齢(19時30分時) 16.45 立待月

二十四節気七十二候
啓蟄(3月 6日〜 3月20日)
 冬篭りの虫声を啓く(大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ)
初候 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)(3月 6日〜 3月10日)
 冬ごもりの虫が出てくる。季節は仲春。

今日の京都南部の天気
降るなら降るとはっきりした天気ならよいのだが。パラパラと小雨が降る一日となりそうだ。
午前中所用で北の方まで出向いたが、大物は暑いが、脱げば寒いという^^;
こういうときに風邪をひきやすいのであろう。服装の調節を小まめにするしかない。

鴨川丸太町西詰め柳.JPG▲鴨川丸太町西詰めの柳。バックの建物は旧京都中央電話局上京分局。
この間まで、枝ばかりであった柳が、あっという間に緑色に変わっておった。
これからもっと葉が出て、青々としてくるのが楽しみだ。

posted by Katchan at 22:39 | 京都 ☔ | 京の天気と暦 | 更新情報をチェックする
2015年03月06日

京の天気予想と暦 3月06日(金)

20150306京都朝空.JPG 3月06日(金) 京都南部の天気 
 北西の風 後 北の風 晴れ 夕方 から くもり。
 はじめは晴れるが、夕方から雲が広がる見込み。



 左向き三角1午前8時の空の様子

今日という日
西暦2015年03月06日
平成27年03月06日 弥生
旧暦 2015年01月16日
月齢(19時30分時) 15.45 十六夜月

二十四節気七十二候
啓蟄(3月 6日〜 3月20日)
 冬篭りの虫声を啓く(大地が暖まり冬眠をしていた虫が穴から出てくるころ)
初候 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)(3月 6日〜 3月10日)
 冬ごもりの虫が出てくる。季節は仲春。

今日の京都南部の天気
良い天気であるが、すっきりと晴れることはないようだ。夕方からは雲が広がって来るという。
昨日と比べると今日は暖かく感じる日となりそうだ。
今日から「啓蟄」であるが、気温はこれからもアップダウンが激しいようだ。

京都御苑寺町御門朝日.JPG▲今朝の京都御所 寺町御門から上がる朝日。散歩にはちょっと早かったかと思ったが、いい空を見ることが出来た。

posted by Katchan at 11:09 | 京都 ☁ | 京の天気と暦 | 更新情報をチェックする
2015年03月05日

飛梅の故郷、京都 菅大臣天満宮へ

菅大臣天満宮本殿正面.JPG▲菅大臣天満宮正面
                     
梅がそろそろ良い感じで咲き始めている。
京都は桜を楽しみにしておる方も多いであろうが、梅を忘れて頂いては困る。梅と言えば道眞、天満宮である。
犬も歩けば国宝、重文、世界遺産に当たる京都において、天満宮もまた多い。
菅原道眞は北野天満宮だけにあらず。京都のそこかしこに道眞ゆかりの天満宮が存在するだ。
そうなると「飛梅」の出所も気になるというもの。
今は仏光寺から高辻へ抜ける細長い境内で、「菅大臣天満宮」となっておる、ここが飛梅ゆかりの地。

菅大臣天満宮鳥居と梅.JPG▲中の鳥居としだれ梅 紅梅 まだ、咲き始め。
        
菅大臣天満宮は、菅原道真公の紅・白梅殿という邸宅や、菅家廊下(かんけろうか)と称する学問所の跡。
また、道眞生誕の地とも言われ、境内には産湯の井戸が保存されている。

菅大臣天満宮狛犬と梅.JPG▲こちらは、鳥居手前の狛犬と白梅。こちらもまだ咲き始めであった。

 東風吹かばにほひおこせよ梅の花
          主なしとて春なわすれそ

と、この辺りの屋敷で道眞は歌を詠んだのであろう。

京の都で一世を風靡し、右大臣まで駆け上がった天才児は、
左大臣であった藤原時平の陰謀で太宰府へ左遷され、太宰府で横死を遂げてしまうのである。

菅大臣天満宮狛犬と梅1.JPG▲鳥居の内側の狛犬としだれ梅。こちらの梅もこれから。近いうちにまた。

太宰府で横死の後。
藤原一門の不慮の災い、清涼殿への落雷、地震や不作による政治経済の混乱と京の都はえらいこととなる。
これすなわち、怨霊と化した、菅原道眞の仕業。
と言うことで、その荒ぶる怨念を沈めるために天満宮が建てられましたとさ。

梅が咲いている間、各地の天満宮に寄ってみたくなる今日この頃である。

posted by Katchan at 15:42 | 京都 ☔ | 京都−寺・神社・史跡など | 更新情報をチェックする

京の天気予想と暦 3月04日(木)

20150304京都朝空.JPG京の天気予想と暦 3月04日(水)
 3月05日(木) 京都南部の天気 
 西の風 後 北の風 くもり 時々 晴れ 所により 朝 から 夕方 雪か雨。
 気圧の谷や寒気の影響で雲が広がり、雪や雨の降るところがある。


 左向き三角1午前8時の空の様子

今日という日
西暦2015年03月05日
平成27年03月05日 睦月
旧暦 2015年01月15日
月齢(19時30分時) 14.45 望月、十五夜

二十四節気七十二候
雨水(2月19日〜 3月 5日)
 氷雪解け雨水温(陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也)雪が雨に変わるころ。
末候 草木萌動(そうもくめばえいずる)(3月 1日〜 3月 5日)
 草木が芽吹き始める。季節は初春。

今日の京都南部の天気
今朝は寒さが戻ってきたようだ。日中も気温は上がらないようだ。風も冷たい。防寒対策は万全に。
寒くても花粉の飛散は多いようなので、こちらの対策も万全に。

京都霊光殿天満宮天下無敵.JPG▲京都霊光殿天満宮の扁額 天下無敵必勝利運 と元気が出てくる。蒙古襲来の時に後宇多天皇が夷賊退治の祈祷をここで行わせたところ、元の船がことごとく沈んでしまったので、『天下無敵必勝利運』の額を天皇より賜った。とか。

posted by Katchan at 11:56 | 京都 ☀ | 京の天気と暦 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。